北海道最後の秘湯

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

『楓』『椿』のホームページへようこそ!

久しぶりの更新になります。Mよです。

先日、積丹方面へドライブに行ってきました。

海沿いの道路を走ると、よく「〇〇岩」というのがありますよね。

私、昔からけっこう好きで何を隠そう"岩フェチ"なんです。

積丹の岩達には、実は25年ぶりの再会です。まずはこれ・・・

P3210853.JPGマウンテンゴリラ岩といいます。

昔は見た瞬間、「ほんとだ~、見える~」と感動したものですが、何かイマイチですね。

崩れてしまったのか、それとも素直に感動する純粋な心が失われてしまったのか・・・(笑)

次はこちら・・・

P3210859.JPG弁慶の刀掛け岩です。

弁慶はあちこちで伝説になっていますよね。スケールの大きな人物に描かれていますので、

刀もここに掛けるくらい巨大だったということなのでしょう。

日本海沿いを走っていて、確か 親子熊岩というのもあったはず!と探したのですが

見つけられず、よくよく調べたら瀬棚町だということが判明しまして、次の機会に再会を

果たしたいと思います。

その日は雷電温泉に宿泊しました。北海道最後の秘湯だと思っています。

泊まった宿はみうらや温泉旅館です。

P3220872.JPG左側の急斜面を行きます。

この写真は帰りがけに撮ったんですが、後ろにゴロンと転げ落ちました(本当です)

P3220867.JPGP3210863.JPG宿泊代は7千円代で、こんなに料理がつくんです。お刺身も1人前が2人盛りかと思って

しまうほど量がありました。

建物も古く浴槽も歴史が感じられ、なかなかの秘湯ぶりでした。

先程の上り坂の右側を行くと、実は朝日温泉という、本当にすごい秘湯の宿があるんです。

土砂崩れがあり建物が被害を受け、今は営業していません。

20年以上前に一度行ったことがありますが、外には、湧いている温泉が直接湯船にたまる

露天風呂があり、生まれたての新鮮な温泉が味わえました。(温泉も生き物なので、空気に

触れたとたんに劣化が始まるという話です)

どんな状態になっているやら・・・ 除雪もされていなくて、行き止まりという雰囲気でしたので

見には行けませんでした。もう二度と入れないのでしょうか・・・残念です。

でも、みうらや温泉旅館で満足して帰ってきました。

わが貸別荘もとても良い温泉なのですが、温泉好きの私はあちこちに行っています。

ブログ上でいろいろご紹介できたらと思います。

ちなみに、私の自宅は温泉付です。

どんだけ温泉好きなんだ!!(笑)