お天気話

  • 投稿日:
  • by
  • カテゴリ:

本日は白老町の天気は大変なことになっています。

こんにちは! 白老町在住のMよです。

台風や高潮などの警報が出されると、「ちょっと海の様子見てくる・・・」

と言って出かけ、波にさらわれたりして亡くなられる方が日本のどこかに

必ずいらっしゃるようで、よくニュースで目にします。

どうしてわざわざ危ないところに行くのだろう、と思っていましたが

今日はその気持ちがよくわかりました。

今朝、最初に避難勧告が出された石山付近に、出勤前に行ってしまいました。

001_R.JPG車道の上には濁った水が溜まっています。

雨が溜まったものではなく、川からあふれたものです。

怖くてこれ以上は近づけませんでした。

今は午後2時半をまわったところです。

貸別荘のあたりは大丈夫だとは思いますが、

もう少ししたら様子を見て来ようと思います。

ところで、同じ胆振管内 隣の苫小牧市・・・

お天気に関していろいろ面白い話があります。

実は、北海道で降水量№1の記録は苫小牧市だそうです。

(今日も含め、最近のゲリラ豪雨で記録が塗り替えられていたらごめんなさい)

1950年8月1日、447.9mmを記録したそうです。

雪は北海道で最も降らないそうで、室蘭市より100cmも少ないとか・・・

そのかわり冷え込みは相当なものです。

005_R.JPGこれは、苫小牧市の洋菓子店「三星」のお菓子ですが、切り口にハスカップが

見えますか?

ハスカップは-35度にも耐えられる果物だそうで、-20度くらいになる苫小牧でも

へっちゃららしいです。

一方で、夏は暑くなります。

気温が35度を超える日を猛暑日と呼ぶと北海道で設定されたのが2007年8月・・・

その夏、さっそく35.5度の猛暑日を記録したそうです。

なかなか個性的なところですよね。

それでは白老町の様子を見てきます!